Garrotín | フラメンコ教室 東京都内初心者歓迎の水村繁子フラメンコスタジオ

フラメンコ教室 東京都内初心者歓迎の水村繁子フラメンコスタジオ

水村繁子フラメンコスタジオ -Estudio Reina-
セビリア~東京都内、目黒を往復する水村繁子のフラメンコ教室で
Flamencoな時を感じよう!!

【住所】東京都目黒区下目黒2-21-7  水村宅 B1F
【TEL】03-3490-4325 【MAIL】info@estudioreina.com

Garrotín

アストリアス地方の民謡がカタールニヤのヒターノ達の手によってフラメンコ化し、アンダルシアに伝わった、明るくコケティッシュな2拍子系の曲。

踊りのために発展し、伝統的な歌詞の内容からコルドベス(帽子)を用いて踊られることも多いようです。
動画ではエスコビーシャの終わりからタンゴの部分がご覧になれます。
(振付 マヌエル・ベタンソ 水村繁子)

教室主催者又は発表会における生徒の動画
▲動画はここをクリック!

動画を御覧になるにはWindows Media PlayerRが必要になります。
ご使用のOSに合ったものを導入してください。
WindowsRをお使いの場合はOSに付属していますので導入の必要はありませんが、場合によっては新しいバージョンを導入する必要があります。

フラメンコ教室主宰 水村からのアドヴァイス

  • 練習生の方へ
    flamencoの曲全てにいえることですが、Jaleo(掛け声)は大切な要素です。
    特にブレリアのようなノリの曲においてはJaleoをお互いに掛け合って、雰囲気を盛り上げましょう。
    最初はいい間合いに入れることができなくてもいいではありませんか。元気に声を張り上げて、Jaleoをかければflamencoな気持ちは伝わります。